風邪または副鼻腔炎でまったくニオイを感じなくなってる・・・(焦)

 

 

こんにちは。嗅覚が完全に死んでいる鼻子です。

 

 

なぜか姉も同時期にニオイをまったく感じなくなったそうです。

姉も副鼻腔炎に苦しんでいる真っ最中ですが、

妹である私もまた、副鼻腔炎の後遺症か何かで、ニオイがまったく分からない。

季節性の副鼻腔炎なのか、アレルギーなのか、それとも・・・?

 

 

 

 

スポンサードサーチ

あるはずのないニオイを感じ取ってしまうことも

 

 

ニオイが分からないだけならいいのですが、

たまにあるはずのないニオイを感じたりもします。

 

これ、「異臭症(いしゅうしょう)」というもので、

<実際のニオイと異なるニオイのように感じる>症状だそうです。

 

 

やっぱりニオイを感じなくなると、暮らしに彩りがなくなるものですね。

それに、ニオイを感じにくいとなると、危険な異臭にも気づくことができず、

安全を脅かされる事態にも・・・軽視してはいけませんね。

(ガス漏れの異臭に気づけないとか・・・)

 

 

きっと「鼻が詰まってるからニオイを感じないんだろうな」と思い、

鼻スチームを毎日続けていますが、鼻が通ってきた今も

やっぱりニオイを感じない。これ、いつ治るんだろう?焦ります。

 

 

ラーメンを食べても、あまり美味しいと感じない。

ニオイのない世界は、味気のない世界です。

イヤなニオイを嗅がずには済むけど、もしかしたら

自分が汗臭いときにも気づけない可能性が・・・><それは困る!

 

 

 

 

ニオイを感じなくなる原因とは?

 

 

鼻がニオイを感じる場所、それは鼻の奥のてっぺん(一番高いところ)です。

ここにはびっしりとニオイ分子を感じ取る細胞が集まっていて、

鼻腔から流れ込んでくるニオイ分子をキャッチし、脳で感知する仕組みです。

 

 

でも、このプロセスのどこかで異常が起きると、

「ニオイが分からない」というツラい事態に陥るのです。

 

 

 

 

ニオイを感じなくなる4つの原因

 

原因その①脳神経の異常

⇒ケガや病気などで、脳が嗅覚を感知できなくなるため

(※ケガや病気などによる神経伝達の断絶など)

 

原因その②嗅細胞の異常

⇒風邪などのウイルスにより、鼻の奥の嗅細胞がダメージを受けているため

(※嗅細胞が回復できていない状態)

 

原因その③ニオイ分子そのものが届いていない

⇒副鼻腔炎や鼻炎、アレルギーなどでニオイが断絶されているため

 

原因その④ほかの病気による作用、薬の作用など

⇒糖尿病、甲状腺の病気、薬の副作用のため

 

 

なるほど・・・ふだん意識しない嗅覚ですが、

目に見えないからといって軽んじてはダメですね。

 

 

 

ほか、年齢的なものだとアルツハイマーの初期などに

ニオイが分かりにくくなる傾向があるそうです。

また、亜鉛やビタミン不足、糖尿病でも嗅覚異常が起きることがあるのだとか。

 

 

 

でも一番多い原因はやっぱり・・・

 

ニオイを感じなくなる原因の1位は、「副鼻腔炎」だそう。

私も姉も、おそらくコレでしょうね。

 

副鼻腔炎が回復したとしても、後遺症としてしばらくは

嗅覚細胞の働きが阻害されて、ニオイが分からないままであることも・・・。

 

 

嗅覚の異常に過敏になることはありませんが、

あまりに長引くようだと嗅覚細胞が衰えてしまうので、

できるだけニオイを嗅ぐ努力をして、早めに嗅覚を回復させることです。

 

日頃から嗅覚細胞を鍛えて活性化するのは、

香り豊かな生活を送るのが一番♪お花の香りを嗅いだりするのもいいですね。

 

 

朝イチで鼻スチームをすることで思考がクリア化!しかも美容にもマル

治したい!薩摩なた豆爽風茶は副鼻腔炎・鼻づまりにも効果あり?

上咽頭炎の「Bスポット治療」とは?かなりの激痛らしい・・・!

鼻づまりだと会話する気が失せる&気分がスッキリしないよね…

 



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ