後鼻漏は胃腸まで悪くする!さまざまな不快を引き起こす後鼻漏の怖さ

「後鼻漏は胃腸を荒らすもの」―。

 

これ、ホントそうなんですよね。ちょっとキタナイ話、

後鼻漏を口から出せない人は、飲み下すしかないんですが、

 

その際、唾液&空気までも一緒に飲み下すことになります。これが曲者。

 

スポンサードサーチ

唾液は口の中でこそ働くけれど・・・

 

唾液ってもともと”口内の消化液”みたいなもので、それ以外の場所では

有益に働いてくれない。

 

口の中で咀嚼物があってこそ唾液は役立つんですが、

食べ物が一緒に嚥下されないのに、唾液のみが胃腸に流れるとなると

やっぱり不具合なわけです。胃腸だけでなく、きっと食道にも良くない。

 

後鼻漏って粘度が高いので、フツウに飲み込むくらいではなかなか除去できない。

何度も何度も空振りしながら、無理に飲み下していく感じだと思うんですが、

唾液のみならず、空気まで一緒に飲み込むものだから、膨満感がすごいです。

 

 

姉の呑気症はおそらく後鼻漏の不快から起こるもの

 

わたくし鼻子の鼻詰まりの姉が、呑気症(どんきしょう)という

空気の飲み込みすぎで起こる胸の異音に悩まされてますが、これも間違いなく

「後鼻漏の飲み込みすぎによるものだ」と鼻子(妹)は思ってます。

 

胸のあたりだけでなく、腸でもゴロゴロと空気の移動する音が鳴るんですね。

 

静かな場所だと余計に目立つので、姉は花粉症の時期になるとおそらく

静かに大勢が何かを傾聴するような場を無意識に避けていることでしょう。

 

 

こんなふうに後鼻漏の弊害で、ただ喉元が不快というだけでなく、

生活に制限がかかるほどに、多彩な症状が現れるのが厄介。

 

私自身も、お腹がポッコリしているときは大抵鼻の調子が悪いときです。

花粉症、アレルギー、風邪などで鼻水過多のとき、お腹がポッコリする。

(それ以外の理由の時ももちろんあるけど笑)

 

それもそのはず、空気を1日に何度も飲み込んでれば、当然お腹は風船のようになる。

さらに「なんとなく胃の調子が悪い」日も、きっと唾液の飲み込みすぎが原因なんです。

 

 

人の体ってほんとよく出来ている。不自然なことをすれば、不自然な不快症状が現れます。

鼻汁過多の状態も、人体にとってはすごく不自然な状態。

なので、鼻水や鼻詰まりは早めに対処してやらなくてはいけません。

 

鼻とはおよそ関係なさそうな胃腸までも痛めてしまう・・・後鼻漏はそういう性質なのです。

 

だからこそ、鼻水は早めに止めよう!(鼻子からの提案です)

 

 

後鼻漏の喉の不快=気管からの痰だと長年思っていた・・・

後鼻漏は病気ではない!”症状名”であり健常な人でも起きる現象です

後鼻漏のエヘン虫で数週間も消耗しきってる・・・(疲)

冬の朝の二重アゴの原因って後鼻漏だったのか…!(世紀の新発見)



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ