鼻づまりだと会話する気が失せる&気分がスッキリしないよね…

スポンサードサーチ

鼻の通りがいかに大事か。もっと鼻に感謝しよう

鼻づまりの時って、会話がおろそかになる傾向です。

だって、呼吸するのも大変なのに、ソッチに意識を取られてたら

会話もままなりませんよね。会話に100%集中するのであれば、

鼻が快適にとおっていることが大前提です。

なんでも「蓄膿症の人に放火犯が多い」という都市伝説(?)があるらしく、

その理由が”イライラするから”だそうです(笑)

「鼻づまりなんかで放火してたまるか!」って思っちゃいますが、

ずっと鼻詰まりの人って、思考回路もイマイチだし

静かにストレス度合が進行していることがあります。

ほんと、もし鼻がスカッと通ってたら

いろんな日常のすべきことがもっとスムーズに、快適に送れる気がする。

しょうもないことでイライラしているとき、その原因が鼻づまりだったら・・・

と思うと、鼻なんかで精神状態を振り回されるバカバカしさに泣けてきます。

でも、それだけ”鼻が通っているってことは幸せなこと”なんですよね~。

子供のころ、「鼻って正直、なくても生きていけるよね?」とか友達と

言い合ってたことあるんですが・・・生きていけない。絶対に。

鼻をバカにする者は鼻に泣くんです(本日のことわざ)。

鼻は、口よりも安全な呼吸をつかさどっている器官。そして、

鼻が通っているおかげで、会話がしやすくなり、きれいな発音ができる。

滑舌や発音がニガテな私にとって、鼻のとおりは目下の最重要課題です。

頭の回転を速めるためにも鼻の通りを意識したい

もともとの性格なんかもあるでしょうが、多少のADHDっぽい性質

鼻の通りを改善することで、かなりうまくいく気がするんですよね。

たとえば、別の部屋へ行こうとして「あれ?今何しようとしてたんだっけ?」とか

会話の最中に「あれ?今何言おうとしてたんだっけ?」みたいなのも(たまにある)

ある程度は、鼻の通りで改善される気がするんですよね。

私自身、鼻中隔切除術とか欠陥収縮剤入り点鼻薬をやめたりとか、

ホットシャワー5の活用とかで鼻の不調を少しずつ緩和させてきましたが、

今現在、かなり頭の中をクリアに保てています。

明らかに、鼻閉状態だった子供時代よりも

暮らしの先読みができるし、ウッカリ物忘れなんかも減りました。

あと、覇気のなさとかヤルキのなさ、先延ばし癖なんかも

鼻のとおりをよくすることで、かなり改善されると感じてます。

異常に不精だったりめんどくさがり屋さんだったりする人は、

蓄膿症や鼻づまり、鼻のゆがみ、鼻の乾燥を治す&防ぐことで

今よりももっと快適に、日々を送ることができるハズ。

隠れ鼻づまりの人も多いはずなので、「自分は大丈夫」と思わずに、

受診なり対応策なり、動ける範囲で動いたほうがQOLもアップします^^

”鼻づまりは発達障害の症状を助長させる”説?(ちょっと分かる…)
喋ると咳が出る…!後鼻漏持ちの地味なお悩みがわりとツライ
後鼻漏を予防するには⇒鼻水を速攻で止めるしかない・・・!



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ