人間はやっぱり潤い!体の大半が水分だから鼻粘膜にも潤いが必要 

やっぱり人体って、たっぷりのお水が必要なんだなぁと思います。

 

鼻粘膜を潤す水分も、経口摂取の水から作られているし、

その前に人体の60%以上は水。

 

ヒトの体って、ほぼお豆腐なんですよね。

 

そのお豆腐も、水気が飛んでしまうとシワシワになってしまいます。

なので、お肌をみずみずしく保つ美容上の意味でも水分は欠かせません。

 

スポンサードサーチ

人体を流れる液は、ほぼ経口摂取のお水が元

 

血液やリンパ液、涙を作るのも、もとは水。

鼻粘膜の働きを保つのにも、水って必須アイテムなんですね^^

 

 

なので、暑い日にちびちびと水分を摂り続けるのは大事なコト。

 

 

夏には人肌ほどのぬるめの水分を、冬には温かい飲み物を

常時手放さず、口にしています。なので、

「喉が渇いた」状態になったことがほとんどありません。

 

 

この水分補給が、ひいては鼻粘膜の保湿につながると信じて

美容&健康&鼻粘膜のためにも、こまめな水分補給をしてます。

喉を潤すのにもいいし。

 

 

でも水分のガブ飲みはNG

その昔、水を2~3リットル飲む美容法が流行りましたが、

あれってけっこう危険だそう。だって、ふつうに考えたら不自然です。

 

ナチュラルな状態で、ヒトが数リットルのお水を摂り入れる状況って

まずないのと、それだけの水を飲もうと思ったら、かなりムリしないといけない。

 

お腹がチャポチャポになってもまだお水を摂取するとか、狂気の沙汰(笑)

胃腸もビックリして働き悪くなりそうですよね。

 

 

そもそも、人は必要以上に水を摂りすぎると”水中毒”になります。

 

 

熱中症対策で言われるのは水分と同時の塩分摂取ですが、

これをおろそかにして水を摂取し続けると、体がダルくなってきます。

 

 

まさか水だけで体調が悪くなるなんて、思いもよらない。

ですが、体の内部では血液が薄まり、低ナトリウム血症状態になります。

 

 

なので、暑い日にはたまに塩をひと舐めします。

まるで塩舐め妖怪

 

もしこの時塩を「甘い」と感じたら、塩不足になっているんだそう。

塩は「しょっぱい」のがフツウだと覚えておきましょう♪

 

水分補給と同時に、鼻スチーム

今日の夕食後、「なんだか体ダルいなぁ・・・」って感じたので、

ホットシャワー5を2回行いました。終わったら、顔が違う!

 

 

それまでドンヨリお疲れ顔だったのが、いきなりシャキーン(`・ω・´)です。

愁いをおびた眉間はさわやかに晴れ、重苦しいまぶたもスッキリ(自分比)。

 

 

見た目もそうだけど、何よりも脳内が…脳内が爽やか☆

 

さいきんエクササイズにハマってるんですが、

「さて、やるか・・・!」みたいな松岡修造氏みたいな熱さになってました。

 

 

鼻が通ると、キャラまで変わるんです。すごいなぁ鼻って^^

 

 

鼻づまりだと会話する気が失せる&気分がスッキリしないよね…

乾燥で朝鼻血が出たときにも♪ホットシャワーで鼻腔を加湿

なぜか「何にも手に付かないわ」って時はホットシャワーで気分転換♪

鬱な気分を吹き飛ばし脳内をクリアに!ホットシャワー5の威力



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ