鼻呼吸と口呼吸とでは何が違う?脳への酸素供給量に差は出るの?

「鼻が詰まってるとアタマが悪くなるよ」。

これ、私の母が子供の頃私によく言ってたコトバ。

まったくその通りになりました。

 

というよりも、その前に我が家は全員鼻が詰まってるので

全員オバカになるはずなのに、アタマの出来の家庭内格差は激しいです。

 

なのであまり関係ないような気もしてきますが、

鼻が詰まってるときって、確かにアタマの働きが鈍いんですよね。フシギ。

【鼻づまり一家の憂鬱】鼻トラブルの見本市状態な我が家の構成

 

スポンサードサーチ

鼻からと口からでは、酸素の取り込み量が違う?

 

一般的に、「鼻呼吸のほうが通り道が細いのでしんどい」と思われがち。

ですが、じつは口呼吸のほうが疲労度合いが激しいのだとか(!)。

 

たしかに、鼻づまりや風邪、後鼻漏などで口呼吸で眠って起きた朝、

「なんだかスッキリしないなぁ」ということが多いんですよね。

 

とある研究では、鼻呼吸に比べて口呼吸は酸素の取り込み量も減るらしく、

一説には18%も酸素量が減少する、とのデータも。

 

これはモッタイナイ。酸素を脳に行きわたらせられなければ脳が

最大限のパフォーマンスを発揮することはないでしょう。

 

私も本来は現状より18%賢い人間かもしれない。

もう1つ上の学校、会社に入れたかもしれない。

 

などととりとめのないことを夢想してみたりします(言うだけはタダ)。

口を閉じられたら、自然に鼻呼吸になれるんだけど・・・

問題は、”口を閉じるとしんどい人”が数多く存在することです。

理由はさまざまですが、

★鼻づまりである

★かみ合わせが悪い(骨格異常、アデノイドなど)

★喫煙、飲酒

などが挙げられるそうです。

 

口が開いているということは唾液の減少にも繋がり、さらには

口腔衛生面にも影響を及ぼします(歯周病や虫歯、口内細菌の増加)。

睡眠時無呼吸症候群になったりもします。

 

つまり、人間は鼻呼吸をすべきなんですよね。

そういう体の仕組みにできているんだから、そうすべきなんでしょう。

 

口呼吸というのはそもそも異常事態。口呼吸が常態化してる方、

危機意識を持ったほうがいいかもしれません。

 

仕事のミス、忘れ物が多い、集中力がない、ヤルキが出ない・・・。

ほかの疾患に間違われそうな症状も、もとをただせば口呼吸が原因かも。

 

その逆を考えて、私は「なんだかヤルキしない・・・」というとき、

原因を探る前にまず鼻スチームで鼻どおりを良くすることを心がけてます。

 

”鼻づまりは発達障害の症状を助長させる”説?(ちょっと分かる…)

鼻づまりだと会話する気が失せる&気分がスッキリしないよね…

鼻づまりで森高千里ばかりカラオケ選曲する私の姉の悲哀

 



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ