鼻ティッシュって鼻に悪いの?父のお気に入りの鼻炎対策なんだけど…

鼻水があふれ出るとき、父はすかさず鼻にティッシュを詰めます。

コツは、”丸めて詰めるのではなく、ティッシュを長く垂らして詰める”。

そうすることで、ティッシュがしっかり水洟を吸収してくれるそうです。

だけど私、家の中で父に遭遇するたびに、

長く口の前に垂れたティッシュを見て、どうしても笑ってしまうんですよね・・・。

苦しんでいるところを申し訳なんだけど、絵的にかなり面白い状況。

仕事の電話をしているときも、食事のときも、ずっと詰めっぱなし。

本人は大真面目なんですが、口の息により、ティッシュがピロピロと踊る様を見ていると、

すごく気になって、「ねえ、それって苦しくない?(笑)」ときいてしまう。

すると父、「この方法が一番」と断言するんです。

【さまざまな鼻ティッシュの方法を試した父】

この鼻ティッシュ、意外に鼻止めに効くのだそう。

父いわく、「鼻水は空間を求めて移動する。なので、空間さえ塞げば、

鼻水は分泌を止める。理に適っている」とのこと(笑)。

さすがに鼻悩みのエキスパート、研究に余念がありません。

なんだか色々とオリジナルの実験を繰り返しているようで、

硬く丸めたティッシュを詰めるよりも、吸収率がUPするそうなんです。

ただ、「流れ出るものをせき止める」ことで、体に害はないのか?と心配に。

そこで調べてみると、鼻水は細菌や膿を含んでいて、

それが鼻の中に長時間とどまることは、あまり望ましくないらしいんです。

鼻の中って脳にも近いので、あまり触れてはいけない領域だそう。

なので、ずっと鼻ティッシュで栓をするのって、あまりよくないみたいです。

今度父に教えてあげようっと。(やめてくれないかもしれないけど)

【じゃあ、鼻をかみ続けてもOKなの?】

私の姉は、とにかく鼻がムズムズとすると、ずっと鼻をかんでいます。

家のどこかで、「シューン!シューン!」と盛大に鼻をかむ音が・・・(笑)。

それを見た父いわく、「姉子、そんなに鼻をかんだら余計に鼻が出るぞ」。

姉は「でも、鼻をかまないと耐えられないし」と反論。

父は、「鼻をかみすぎると、鼻に刺激がいって、ますます鼻水が分泌されるぞ」。

・・・うーん、どっちも一理ある気がする。

それを見ていた母、「耳鼻科の先生は、しっかり左右片方ずつの鼻を押さえて

かみなさい、と言ってたよ。方法を守れば、鼻をかんでもいいんじゃないの」と横槍。

そういえば、私も昔、鼻のかみすぎで耳に変調をきたしたことがあります。

鼓膜が緩んで、音がボワンとなる感じ。⇒中耳炎になりかけでした。

鼻は、かみすぎてもティッシュを詰めすぎてもいけないらしい。

「じゃあ、どうすればいいんだ!」と、

姉の鼻かみすぎでカサカサになった頬を見ながら、いつも思うのです。

「ああ、鼻さえよければなぁ・・・」と。



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ