”鼻すすり”は耳を悪くするだけでなく後鼻漏も引き起こす…!

鼻エチケットって難しい。

鼻がスッキリ常に通ってる人には無縁のお悩みかもしれないけど、

私の場合は万年のお悩み。鼻はつねにズッシリと重く、爽快ではないので

<鼻が詰まってる/流れてるのどっちか>しかないんですよ(笑)

鼻をすすりあげるか、またはティッシュでかむかしないとツライんですが、

鼻関係の音って他人様には不快に聞こえるモノ。

食事中や仕事中に隣でズビズバやられた日にはもう・・・って感じですよね。

「鼻をかむ・出す」のって広義での排せつ行為に近いので、そりゃ嫌われます。

だからこそ公共の場ではすごく気をつけなきゃいけない。だけど、

流れてくる鼻水を流れ出すままにするワケにはいかないので、鼻ススリが必須。

スポンサードサーチ

鼻ススリを続けていると耳が悪くなる

万年鼻ススリ女である私が言うんだから間違いない。

ほんと、鼻ススリって耳にきます。

私、何度中耳炎になったことか。

でもそのときは、なぜ中耳炎になるのかわからなかったんですよ。

幼少時から耳鼻科通いは常のもの。「そういう体質だ」と思ってましたが

まさか生活習慣や癖が原因だなんて、思いもよらなかった。

鼻をすすると、鼓膜が凹んで張り方が弱くなり、聴力が落ちます。

そして鼻ススリは、あの不快症状をも引き起こすんです・・・!

鼻すすりで後鼻漏が酷くなる!鼻水は鼻から出そう

鼻水は、

◆「前鼻漏(ぜんびろう:鼻から出る鼻水)」

◆「後鼻漏(こうびろう):喉に落ちて胃に流れていく鼻水」

の2つに分かれます。「鼻水は鼻から出るもの」と思い込んでたけど、

じつは鼻水の大半が後鼻漏であり、さらっと胃に流れてくものなんですね。

で、この後鼻漏の中にも2種類あって、

・本人が気づかないもの(胃で消化される)

・喉に溜まって咳や異物感を引き起こす憎々しいもの

に分かれるんです。これが、鼻すすりによって引き起こされます。

鼻水は、「粘性のもの」&「異常に量の多いもの」だと喉に滞留します。

なので、鼻水が分泌されたら素早く鼻から排出しなくちゃいけない。

でも、鼻エチケットで鼻をかめない場面だと、すすり上げるしかないんですよね。

すると、後鼻漏が喉元に溜まり、不快感だけでなく、

QOLを大幅に低下させる睡眠不足や口呼吸を引き起こします。

というわけで、「鼻水が出た」と思ったらすすり上げずに「かむ・または拭き取る」!

喉に落とし込まない工夫をします。顔を上向きにしないようにするとか、

こまめにトイレに行って鼻をかむとか、そういう小さな工夫が

あとあと後鼻漏になるのを防いでくれるんです。理想論ですけどね^^

あまりに酷いときには、点鼻薬で数時間鼻水を止めちゃうのも手。

薬局に駆け込んで、一時しのぎ的に使う分には血管収縮剤入りでもOK。

常用・依存しなければ、問題はないとのことです(耳鼻科の先生いわく)。

後鼻漏は病気ではない!”症状名”であり健常な人でも起きる現象です

朝起きたら後鼻漏による微熱で唇がパリパリに乾燥している・・・!

後鼻漏を予防するには⇒鼻水を速攻で止めるしかない・・・!

 

 



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ