偏頭痛さえも改善できる!ホットシャワー5の副産物的な威力

スポンサードサーチ

鼻の不調から起きやすい偏頭痛が地味にツライ

毎日、または1日おきに「ホットシャワー5」で鼻を潤しています。

たまにサボると、やっぱり後鼻漏が激しくなるんです。

喉の奥に何か不快な塊が流れ落ちていき、滞留するような感覚・・・。

あれはほんと不快です。鼻水が前から流れ出てなくても、

喉のほうに回っている可能性は大いにあります。ただ自分でも気づけないことが多い。

それが発端で、咳や喉の不快に繋がることもあります。

後鼻漏、単に鼻水の出ていく先が違うだけなのに、

ほんとにさまざまな症状を引き起こす厄介者。ホント憎々しい(笑)。

そうそう、先日の風邪の名残で、左サイドの偏頭痛がひどく、何もヤルキが出ず、

できる限りベッドで横になってました。すべきことが色々溜まっていくのに、

偏頭痛なんかで滞るとか、なんだか悔しいですよね。

ですが、偏頭痛もこれまた地味に厄介な症状。

しかも、周囲の理解はいっさい得られないという悲しいモノです。

私は偏頭痛持ちではありませんが、常時こんな痛みに襲われてたとしたら、

日常生活も阻害されるでしょうし、ウツウツした気分にもなる。

そういえば、周囲の偏頭痛持ちの人ってみんな一様に「サボってると思われる」と

嘆いていましたね。「偏頭痛くらいでゴロゴロしちゃって・・・」

頭痛と無縁の人から罵られ、ツライと言ってました。

腹痛は誰もが経験があるので理解されやすいんだけど、

頭痛の気のいっさいない人は世の中にけっこういらっしゃるので、

そこで溝が生まれるようなんですね・・・分かち合えないのも頷けます。

ホットシャワー5で鼻の奥を刺激すると・・・

顔の奥、延髄付近には”迷走神経”というものが張り巡らされています。

最下層では内臓まで達し、分布が複雑なために”迷走神経”と呼ばれています。

迷走神経は、副交感神経優位ですが、交感神経とも交わっているため、

刺激を受けると、自律神経系にさまざまな変化を及ぼすそうです。

緊張や動悸、貧血などを起こすこともある迷走神経ですが、

良いほうに働くと、程よい刺激になって不定愁訴が緩和されることもあるようです。

鼻の奥の咽頭周辺にも、この迷走神経が分布されていますが、

ホットシャワー5の蒸気でこの神経が刺激されることで、偏頭痛などの

地味な自律神経系不快症状がいきなり改善されることがままあります。

フシギですが、私も今日左こめかみあたりのキリキリした痛みに

悩まされてました(もしかしたら奥の鼻づまりによるものだったかも?)

で、夜になりどうも気分が優れないのでホットシャワーをすると、

偏頭痛がパッと消え、爽快な気分になれました。

人生で、不快を取り除き、爽快を保つのってけっこう大事なコト。

日々を気分上々で過ごすためにも、ホットシャワー5は欠かせない存在になってます。

⇒家庭用鼻スチーム医療機器「ホットシャワー5」レビューはこちら



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ