鼻涙管から鼻腔へ流れる涙が鼻づまりを解消してくれることも…?

 

母が鼻涙管(びるいかん)づまりを起こし、眼科へ駆け込みました。

鼻涙管とは、涙を鼻腔のほうへ排出する管のこと。

これが詰まることを「鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)といいます。

 

 

スポンサードサーチ

涙の通り道はどこからどうなっている?

 

涙腺(涙を出す器官)は青の丸の部分。

ここから涙が出ているって知らない方も多いでしょう。

(私も知りませんでした)

 

ここから涙は目の表面を潤しながら目の内側に流れていき

赤丸(のもうちょっと内側)の2ヶ所から、鼻へ流れていきます。

だから私たちは涙を流すと鼻水が出るように感じるのですね。

 

 

涙の90%がこの鼻涙管をとおって鼻に流れていきます。

(残り10%は蒸発。涙はすべて目の表面を流れていく)

涙は目の表面の汚れを取り除きながら鼻へ流れこむんです。

人体の仕組みって面白いですよね^^

 

ここが詰まると涙は行き場をなくし、流涙症(落涙症)になります。

目から涙があふれて洪水のようになってしまい大変です。

 

 

人間だけでなくよく動物(ウサギや犬など)も鼻涙管閉塞になります。

目ヤニが出たり、目がウルウルしたりします。

 

 

「悲しくもないのに涙があふれて止まらない・・・」。

そんな方は、鬱病など以外の理由では鼻涙管つまりが考えられます。

常時涙があふれるので不快極まりないです。

涙で目のまわりもただれます。(拭ってばかりなのでメイクも取れちゃう)

 

涙管が未発達な赤ちゃんや、涙管の目詰まりしやすい高齢者にも

この症状はよく見られます。

 

 

そんなときは眼科で鼻涙管のつまりを解消してもらうに限ります。

手っ取り早い対策はおもに2種類、

鼻涙管に管を通す「ブジー法」または「点眼薬」です。

(周辺皮膚のマッサージも効果的。ひどい場合はチューブや手術)

まずは鼻涙管づまりを塩水でチェックし、問題があれば鼻涙管に柔らかい金属を通します。

母は眼球に麻酔を打ったと言っていました(怖い)。

 

私も将来遺伝体質的に鼻涙管閉塞になるかもしれないので、

母の対策をみてしっかり勉強しておこうっと。

年配だと女性に多い症状だそうです。

 

2回病院にいってもなかなか詰まりが取れないらしく

母はイライラ・・・。年齢を重ねるといろんなトラブルが起きるものです。

 

 

 

泣くと鼻づまりがちょっぴり解消される…?

 

私、こないだ花粉症で眠くて眠くて死にそうになっていたとき、

あくびで涙がボロボロ出てたんです。

そのとき、大量の涙が鼻のほうへ入り込み、

鼻をかんだらとってもスッキリ!

 

そういえば涙って塩水なんですよね。

もちろん鼻涙管は全鼻腔内を潤してくれるわけではありません。

ですが、端のほうの鼻粘膜を一部刺激してくれるんです。

 

なので、鼻の入り口のあたりが詰まっているときは、

涙を流せばある程度つまりが解消されます(笑)

お風呂で泣ける映画を観たりすれば、

温熱スチーム効果&涙の塩水効果で鼻詰まりもよくなりそうですね。

 

目薬をさすと口の中に苦みを感じることがありますが、

これも鼻涙管を伝って薬成分が流れてくるためですね。

 

目、鼻、耳、喉はすべて繋がっていて、

しかも脳に近い、すべてが頭部の中の器官。

とても複雑な構造にできていて、大事な部分ですが

その中核になっているのが鼻腔。

鼻をおろそかにすると、目、耳、喉まで傷めてしまいます。

 

これからは鼻ケアの時代がやってくるような気がします。

鼻のとおり1つで人生すら変わってしまうのですから、

すごい器官ですよね、鼻って。

 

鼻呼吸と口呼吸とでは何が違う?脳への酸素供給量に差は出るの?

副鼻腔って何?位置ってどこ?4つの副鼻腔の場所を図解します

人間はやっぱり潤い!体の大半が水分だから鼻粘膜にも潤いが必要

秋花粉の季節がやってきた!目のカユミからアレルギー性鼻炎へ発展中



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ