ココ一番の大事な本番前にはミンティア!鼻から酸素が通って本領発揮

鼻が詰まっていると、「ココ一番!」という大事なときに

本領発揮できないことがあります。なぜそう思ったかと言うと、

このたびすごく緊張する一発本番な場面があったんですが、

そのときにたくさんのミンティアを口に放り込み、実力を発揮できたんですね。

やっぱり「鼻がスッキリ通っていれば、頭も鮮明になって不安がなくなる」

改めて思った次第。

鬱な気分を吹き飛ばし脳内をクリアに!ホットシャワー5の威力

スポンサードサーチ

呼吸って大事。だけど、鼻呼吸はもっと大事

ヨガやセラピーなどで「呼吸法が大事」と言われて久しいですよね。

深呼吸は体にいいと言われるけれど、どっちかというと吸うことよりも

吐くことのほうが大事。緊張しているときは息を過剰に吸いやすくなり、

吐き切らずに次の息を吸ってしまって、結果息苦しい呼吸となってしまう。

たとえば結婚式のスピーチや会社でのコンペなど、リラックスしたいけど

「どうしてもチカラが抜けない」「普段どおりにできない」というときは

呼吸の方法が間違っている可能性もあります。

さらに口呼吸だと、喉がカラカラに乾いたりしてロクなことがありません。

過呼吸状態にならないよう、バランスのよい鼻呼吸を心掛けること。

そして、直前のミンティア♪これ、素晴らしいです!

本番前、緊張して悶々しているときにミンティアを多めに食べると

鼻腔へ爽やかな刺激が巡り、なぜか脳内までクリーンアップ&気分転換。

迷走神経刺激?鼻粘膜への刺激で、脳内がスッキリ鮮明に

大事なシーンなのにヘタに脱力しようとすると緊張感が解けてしまい、

本番でグダグダになってしまう。私は昔からよくコレをやります。

逆にガチガチでも本来のパフォーマンスって見込めなんですよね。

スムーズな本番のためには、アタフタしない心(事前準備を怠らない)&

ミンティアだと思う私です。そのほか、炭酸飲料をひと口含むのもいいです。

緊張を無理に解こうとすると、うまくいかないんですよね。

緊張って、自分のココロが起こしている現象なので、自意識だけでは取り払えない。

だったら、鼻粘膜への刺激で物理的に緊張を解く、というのはどうでしょうか^^

さいきんはヤルキを出す前、私は鼻スチーム(ホットシャワー5)で

自宅で備えをしていきますが、出先でいきなり鼻炎になったり鼻づまりが起きたときには

ミンティアで緊張を打破するのもいいかと思います。

こんな単純な外部刺激で緊張がほぐれること、もっと早く知っておくべきだったなぁ。

アレルギーは連鎖する!アレルギーを1ヵ所で食い止めるのが大事
イソジンうがい薬が鼻腔のほうに流れたとき気づいたこと



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ