耳鼻科にかかりづらい!嘔吐恐怖で悩んでいる人集まれ☆

※このページには、嘔吐についての表現があります※

「絶対に吐きたくない!」と思っている

嘔吐恐怖の方はいらっしゃいますか?

私は、恐怖症までとはいかなくても、”嘔吐恐怖の気”があります。

もちろん、誰だって吐き気を催すのはイヤ。

ですが、「吐いちゃえばラクになる」と分かっていながら、死んでも吐きたくない・・・。

あの喉の広がる痛み、こみあげるニオイ・・・すべてがダメ。

飲めないお酒を飲んだときも、インフルで吐きそうになったときも、

「絶対に吐くまい・・・!」と意固地になってしまう。そして、

その延長で、耳鼻科や歯医者がニガテです。

スポンサードサーチ

スムーズな病院通いを阻害する「嘔吐恐怖」

副鼻腔炎や鼻炎で鼻が詰まったら、耳鼻科で吸引してもらえばいい。

喉が痛ければ、内科に行けばいい。

歯が痛ければ、耳鼻科に行けばいい・・・。

もちろんそうなんです。大人ですから、病院くらい一人で行ける。

ですが、喉を触られること、舌を押し下げられることが、どうしてもイヤ。

耳鼻科で喉の奥に直接塗られるルゴール液、

喉の奥を診る銀色のヘラ「舌圧子(ぜつあつし)」、

歯医者で奥歯を診てもらうときのバキュームの当たり具合。

これが嫌で嫌で仕方ないんですよ。

嘔吐反射が起きると、舌の根元がせりあがり、

大きく口を開けることができなくて医師に叱られる。

こないだ、魚の骨が喉に刺さったとき、

どうしても嘔吐反射で診てもらえず、麻酔噴霧&鼻からスコープで

どうにか乗り切りましたが、本気のトラウマです・・・。

嘔吐恐怖は、神経質な人がなるもの?

耳鼻科で喉を診察してもらうたびに、「オエッ」となり呆れられ、

あまりに毎度なもので、「キミは神経質なんだね~(笑)」と言われたことがあります。

しかし、です。私の母は超絶ズボラで、絶対胃潰瘍にならないアメリカンで陽気な性格。

なのに、歯医者では嘔吐反射が起きまくり。歯磨きするだけでもえづいています。

なので、「嘔吐反射が強い=神経質」というわけでもなさそうなんですよ。

で、いろいろ調べた結果、

”本能恐怖が強い人=嘔吐反射も強い”ことが判明。

どういうことかというと、

喉の奥というのはヒトにとって命の危険につながる急所です。

なので、そこを他人に触られるのが本能的に怖い人、ということになるようですね。

それで「オエッ」となってしまうわけです。

(”慣れ”で恐怖を意識的に鎮めることもある程度可能)

寝不足やストレス過多のときほど、嘔吐反射は強くなるそうです。

対策を練らないと、嘔吐恐怖の人は病院にかかれなくなってしまうので、

体調を整え、リラックスして治療に臨むことが大事。

こういう恐怖症って、人には打ち明けにくいもの。ですが、

大人になってから、姉も激しい嘔吐恐怖を持っていることが発覚。

タイプは真逆なのに、恐怖症は同じ・・・ということは、

「後鼻漏と同じく、これも遺伝性なのかも?」と思っちゃいますね^^

⇒関連:うちの家族は全員鼻トラブルを抱えています・・・

(※お断り※重度の嘔吐恐怖症の方は、外出がままならなくなるほど大変だそうです。

私や姉、母のは、”嘔吐恐怖の気”ということにしました)



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ