うつ病治療の一環に蓄膿や後鼻漏治療を挙げている病院もある!

スポンサードサーチ

鬱っぽくなりやすい人は後鼻漏を持っている?

うつ病になりやすい生まれもった気質や体質って、

きっとあると思うんです。

もちろん、れっきとした「うつ病」⇔「鬱々した気分」とはまったくの別物。

うつ病は、昔は「気の持ちよう」「精神的なもの」とされていましたが、

さいきんでは”脳内物質のバランスが崩れるのが鬱状態である”ということが

判明していますよね。

うつ状態だと、やる気が出なかったり希死念慮(死にたいと思う)が起きたり、

原動力であるエネルギーが湧いてこなかったりします。

また、”覇気がない”というのもうつ病の特徴ですが、

私の子供時代は、まさに”覇気のない子供”と言われるにふさわしいタイプで、

「体が虚弱だから仕方ない」と周囲の大人に捉えられてきました。

もちろん、私自身もそう思っていました。

でも、その原因がまさか鼻にあるなんて、誰も思いもよらない。

この年齢になって、

やっと「もしや、覇気のなさや疲れやすさは鼻に原因があるのではないか」

うすうす感づき始めたレベルです。

もし、鼻づまりが当たり前になっている方で、

「なんだかいつもダルイ」「ヤルキが出ない」とお感じの方は、

”後鼻漏による鬱っぽさ”かもしれません。

鼻トラブルは自律神経を損なうことがある

喉に流れ落ちる後鼻漏が常に気になって、

たえず喉のあたりを意識している状態だと、

ストレスによって自律神経が損なわれることがあります。

後鼻漏は、快適な睡眠やスムーズな呼吸を妨げ、

対人の際の口臭を気にしなくてはならなかったり、

息苦しいのに口を閉じていなければいけないなどの苦痛を起こします。

それに、意識がすべて喉元に向いて、すべきことに集中できなかったりします。

ある精神科では、うつ治療の一環として

「後鼻漏・副鼻腔炎治療」を掲げているところもあるほどです。

うつ病は自律神経失調症も引き金になりますが、後鼻漏を治すことで

よく眠れたり、しっかり鼻呼吸できたりして、全身を整えることができるんですね。

体調がかよくなると、自然に意欲が沸き起こってきます。

なので、うつっぽい症状の時点で、鼻トラブルを改善しておけば、

本格的な鬱状態に持ち込まずに済むかもしれない。

私は今のところ、病院で鬱診断されたことはありませんが、

鬱っぽい気分にさいなまれ、イライラしたり寝付けなかったりすることは

よくありました。その時は、原因が何なのか分からず、

がむしゃらに気分を向上できる何かに打ち込んだりしていました。

ただ気分転換ってなかなか難しいんですよね・・・☆

でも、ホットシャワー5が手元にある今、鼻が通るだけで

ゆううつな気分が吹き飛び、目の前が明るくなることが判明。

この気分転換、人生においてすごく大切だと感じます。

だって、原因の分からないウツウツ気分を引きずったまま、

生活をうまく回していくのはツラすぎるからです。

鼻づまりによる慢性頭痛なども、鬱っぽさの引き金となり得ますよね。

今お持ちの不快症状の大元が鼻にある場合、

ホットシャワー5を日常に取り入れるのも手かもしれません^^

⇒鼻からのアプローチ!自律神経失調&ウツ気分を吹き飛ばす



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ