後鼻漏による口臭の悩み!「私ってもしやクサい・・・!?」

どんな美男美女にも、口臭はあります。どんなに気を付けても、口臭はゼロにはできない。

口の中、鼻の中、喉は細菌でいっぱいなので、

まったくの無臭の息にするのは難しいです。

ですが!やっぱり口臭は相手に迷惑をかけてしまうゆえ、

残念ながら、嫌われる原因になるのは間違いないです。しかも、

自分の発するニオイって自覚できないのが困りモノなんですよね・・・。

まだ汗の匂いとかなら、鼻から遠くて気づきやすいんですが、

鼻臭&口臭は、自分の鼻周辺で起きているだけに、自覚しづらいのがマズイ。

だからといって、あまり気に病むと

「自臭症(じしゅうしょう:自分がクサイと思い込む)」になったりして

メリットはありません。正しく程よくニオイを意識し対策するのが大事です(難しいけど)。

スポンサードサーチ

後鼻漏による鼻臭・口臭・自臭が怖い!

風邪や鼻炎のときの鼻をかんだティッシュって、時間が経つとニオいます。

それと同じで、鼻や喉の奥に溜まった鼻水や痰がニオうのは当然のこと。

後鼻漏による口臭が厄介なのは、一時しのぎが効かないことです。

口臭を意識した時、誰もが「うがいする」「飲み物をたくさん飲む」

「ガムを噛む」「ブレスケアやミンティアを食べる」みたいなことを思いつきますが、

これ、ほんとに一時しのぎで根本解決にならないんですよね。残念ながら・・・。

我々の手の届かないところからニオイが発している場合(胃のニオイとかもそう)、

大元の原因を取り除かなければ、ニオイはなくなることがありません。

そして、一番怖いのは、精神的にやられてしまうこと。

他人から口臭を指摘されたり、自分でニオイに気づいたり(←こうなると相当のニオイ)して

「私ってもしかしてクサいのかな・・・!?」と思い始めると、

負のラビリンスに陥ってしまうのです。これがもっとも怖い。

対人恐怖症に陥る人も・・・口臭の怖さ

実際には通常レベルの口臭なのに、

「すごくニオってるかも」とクヨクヨしたり、

「クサイかもしれないから、人の近くに寄らない、息を止める」「人と話せない」

という風になると、口臭以外の精神的な問題になってきますよね。

さらに、気にしすぎで自律神経に異常をきたし、

唾液が不足して、別の意味での口臭を呼び起こすこともあるそうです。

ある程度の生理的口臭は誰もが持っているので、過剰に意識しないことが大事。

一番いいのは鼻炎や後鼻漏を治すことですが、これが長期戦になり完治が難しい。

私は「ホットシャワー5」で鼻トラブルを撃退試み中ですが、

これだけでも精神的にかなり違ってきました。

『すべき対策を取り、前向きに家庭治療に取り組んでいること』、

これが自信に繋がっていますね。

また、実際に鼻づまりの緩和で、鼻呼吸率が大幅にUPし口臭も減っていると感じます。

万年蓄膿気味の私の姉も、「喉の奥がなんかニオう」とボヤいていました。

そういうときは、必ず蓄膿の春先(花粉症による)だったり、

アレルギー性鼻炎や風邪の時だったりします。

「鼻のとおりが良い、鼻水が喉に流れ落ちない」というだけで

人生も変わってくるイキオイです。ほんと、鼻って大切な器官ですね。

⇒後鼻漏の不快さをおさらい。人生に影響を及ぼす後鼻漏



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ