痰が切れないとき痰はどこへ消える?それとも溜まり続けるの?

スポンサードサーチ

痰のフシギ。痰が切れてない筈のに、一体どこへ消えるのか?

私がフシギに思っていることの1つ、それは”痰(たん)”。

汚い話に思えるかもしれませんが、汗や唾液、排せつと同じように

人間にとって欠かせない分泌物の1つです。

私、”痰”はずっと気管支からの排出物だと思ってたんです。

でも、じつは痰にはさまざまなものが含まれていると知って驚いています。

痰には、鼻水や唾液も含まれるんですね。

ってことは、後鼻漏も痰の一部になっている・・・?

もしかしたら私を睡眠時に苦しめる喉の奥の異物感の正体は、

”後鼻漏をも含めた痰”なのかもしれません。

また、そのほかにも肺胞からの浸出液、口腔や鼻腔からの粘液、

そこから剥離した細胞や、外部から取り込んだアレルゲン、異物などを含め、

痰は1日で100mlほどにもなるのだとか。

鼻水の分泌量である1,5リットルよりは驚きは少ないにしても、

「そんなに分泌されてるのか・・・」とやはり驚きを隠せない。

でも、こんなに大量の痰が毎日発生しているのなら、

喉の奥にはいつまでも痰がとどまり続けることになりますよね。それだと、

喉が詰まって、呼吸困難にならないんでしょうか?

現に、後鼻漏で眠れないほどの日には、

呼吸が苦しくて息が詰まっちゃうんじゃないか、と心配になるほどですし・・・。

私のように、痰がうまく切れない(口から排出できない)人はどうするんでしょうか?

痰=再吸収or蒸発or嚥下されるらしい!

留まった痰の行方、それは口からの排出だけではありませんでした・・・!

なんと痰は、粘膜から再吸収されたり、自然蒸発したり、

サラサラであれば無意識に飲み下している、というのです。

つまり、「風邪のあとの痰が絡む感じが、いつの間にか治っていた」というのは

そういう風にして喉から消え去っていたワケです。

もちろん、痰の出どころである気管や鼻腔、肺などに異常があれば、

いつまでも痰は喉に不快をもたらすでしょう。痰の大元をまずが絶ち切るのは大前提。

ですが、自然に溜まった痰がいつの間にかどこかへ行ってしまうのは、

こういう理由からなのです。

なので、”後鼻漏”と”痰の絡む不快”とは、イコールの場合もあるということですね^^

我々は「鼻水が喉に落ちて痰になる」とよく表現しますが、それは間違いではないんです。

後鼻漏が痰に混じれば、粘度が高い痰となり、当然喉に絡んで咳込む。

そして、入眠障害から鬱っぽくなったりもします。

「敵を倒すにはまず敵を知ることから」と言いますが、

こうして不快のメカニズムを知れば、また対応策も見えてくるものなのかもしれません。

とりあえず我々が痰に対して取れる対策、それは、

(1)痰のもとになる物の分泌量を抑える

(2)痰がサラサラになるよう粘度を下げる

↑このあたりがポイントになりそうですね。

「ホットシャワー5」のような蒸気により、

後鼻漏に水分を加えるのって、サラサラの痰を作るために有効な気がしませんか?

⇒家庭用の鼻スチーム「ホットシャワー5」の体験談のページはコチラ

ホント、せめて夜寝る時くらいは、

後鼻漏や痰の息苦しさから解放されたいものです・・・☆



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ