抗生物質が飲めない人は副鼻腔炎を治せない!だから困っています

スポンサードサーチ

抗生物質が体に合わない人は、鼻汁過多を治せない?

慢性的な副鼻腔炎で、春先には必ず蓄膿症になって手術まで考え始める私の姉。

ほんとにツラそう・・・。でも、いつもどうやって対応するかというと

”抗生物質を治るまで飲み続ける”です。

⇒私の姉はひどい鼻声&鼻づまり。それは遺伝によるものだった・・・!

いいなぁ、薬治療できるのが羨ましい。私は、抗生物質が飲めない体質です。

体質というよりも、抗生物質を飲むと別の副作用に悩まされるんです。

なので、どうしても抗生物質を飲まなければいけないときには、

ごく弱い薬を少量、3日ほどのみに留めます。体に強い炎症があるときや

高熱のあるときにはやむをえませんからね。でも、極力飲まない。

いっぽう、姉は基本健康体です。

抗生物質を長期にわたって服用しても、なんの副作用も出ないそうです。

なので、蓄膿症や副鼻腔炎が治るまで病院通いして、お薬を処方されまくりです。

後鼻漏を治すためには、”鼻汁過多を抑える”のが根本対策になりますが、

これができない私は、対処療法しかできないんですね。悲しい。

というわけで、「ホットシャワー5」による家庭治療器を始めています。

⇒自宅でできる鼻スチーム「ホットシャワー5」レビュー

副鼻腔炎の手術をすべきか否かの問題

知人で花粉症や鼻炎のひどい人が”鼻腔粘膜を焼く手術をした”そうです。

鼻水は鼻の粘膜から分泌されるので、その表面を焼いて鼻汁を抑えるというもの。

ですが、手術中は麻酔があるからいいとして、術後の痛みはハンパでないとのこと。

しかも、焼いたあと数年はいいけれど、ふたたび鼻粘膜が復活すれば、

また同じように鼻汁を分泌し始める・・・と聞いて、チキンな私は

「痛い上に反復する可能性があるなら、手術はやめよう」と思ったものです。

さて、姉がこの春もひどい副鼻腔炎を患い、主治医から副鼻腔の手術を勧められたそうです。

「毎年毎年こんなにひどくなると大変でしょう。副鼻腔を切ってしまいますか?」

と言われ、同じくチキンな姉は、

「えっ?痛そうでイヤです・・・でも永遠に治るのであれば」と答えたところ、

「うーん(笑)永遠に・・・というのはちょっと分からない。

すごく良くなったままで行く人もいれば、粘膜が再生して再発する人もいるし。

これは個人によるので、何とも言えないんですよねぇ・・・」と言われたそうです。

これ、悩みどころですよね(笑)永久に治る保証はなく、もしかしたら

この先ずっと楽になれるかもしれない、もしくは再発するかもしれない・・・。

一時的な改善のために、痛みを我慢する価値はあるのかどうか。一種の賭けです。

と、迷っているうちに、姉は抗生物質により鼻汁過多は収まり、今に至ります。

副鼻腔炎の手術は、ひと昔と比べて格段に進化しているそうです。

「ESS(内視鏡下副鼻腔手術)」といって、電気カミソリで局所的に

悪い部分のみを切除することができ、1週程度の入院で済むそうです。

また、おでこの裏側にあたる副鼻腔の1つ、「前頭洞」に炎症がある場合は

頭痛や眉間のしびれなどに悩まされることになるため、

「拡大前頭洞手術」というちょっと難易度高めの手術に挑む人もおられるそうです。

副鼻腔の内部は凸凹が多く、複雑な形状をしています。

⇒副鼻腔のしくみ(かんたんな図解入り)

この凸凹を取り去り、大きな一つの空洞を作ってしまう手術方法ですね。

そして、私が体験した「鼻中隔切除術」、これも副鼻腔炎の手術方法の1つです。

⇒鼻中隔切除術体験談

・・・どれもこれも、手術って勇気が要りますよね。痛みの度合いが分からないために

余計に怖い。また、手術の成果とその継続がどのくらいのものかが未知数なために、

手術をためらう人が多いんだと感じます。

「100%、将来にわたり絶対にラクになるよ!」という保証があるなら

迷わず手術を受けられると思うんですけどね^^

現代の医療では、それがなかなか難しいのです。というわけで、

私は今のところ様子見で、とりあえず生活の中で自分でできる対処療法に

希望の光を見出していくことにします。



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ