夏季過敏性肺炎はカンジダ真菌と関係あり?カビ期の風邪症状に注意

スポンサードサーチ

この時期の風邪症状、もしかして・・・?

 

蒸し暑くなってくる5月になると、きまって発熱し始める鼻子です。

本格的な真夏日(8月)になるまでこの微熱は続きます。

たいてい36℃台後半~37℃台前半をウロウロ・・・。

 

「大した熱じゃないじゃん」とか思われそうですが、

個人的にはフツウに動けるレベルの微熱のほうが、

高熱より地味にツラかったりしますね。

 

38~39℃ともなれば、メマイとかで休まざるを得ず、

周囲の理解も得やすい。ですが、「たかが微熱ごときで~」

体育会系思考で「気合が足りん!」とか思って働いてると

なんだかものすごーーく気怠くなってくるフシギ。

 

もともとあまり汗腺が発達しておらず(幼少期の運動不足?)、

「熱のこもりやすい体質だから・・・」と諦めてやりすごしてたのですが、

 

大人になって急にふと気づいたんです。

 

「カビ期とカブってる・・・?」と。

 

もしかしてカビのアレルギー熱?

昔は「アレルギーでは発熱しない」というのが定説でした。

ところが、近年では「アレルギーで熱が出るもの」という認識が一般的。

 

いつからこうなったのかナゾですが、

私も体感として、<アレルギーで熱は出る>と考える一人です。

 

アレルギーって炎症なので、当然白血球などと戦うことで

熱を帯びるものだと思ってます。

 

単に気温差で熱が出る、というワケではなく、

どうやらカビに反応して発熱しているっぽいMY BODY。

 

「お掃除しなきゃ!家が汚すぎてカビ反応してるんだな」

と焦るその前に、原因物質や感染経路の特定が望ましいですよね。

 

もしや体内に常在するカンジダが原因・・・?

夏季に起きる過敏性肺炎。「咳が続くな、長い風邪だな」と思ってたら

「季節性肺炎だった、気が付いたら進行していた」なんてことも・・・。

 

抵抗力のあるうちはいいですが、年齢的なものやストレス環境下、

免疫の弱っている病中病後などは看過できないのがこの病気。

 

無症状の人もいるそうですが、倦怠感や熱など感冒症状に似たダルさが

大なり小なり見られることが多いみたいですね。

 

自分もその1人。「5~8月は発熱するもの」と決めつけてましたが

湿気や気温差により、体内の常在菌バランスが崩れて、

カンジダ真菌が肺にまわり、軽い肺炎を起こしている可能性も否定できません。

 

カンジダはふだん人間の口腔内や皮膚に存在していますが、

ひとたび増えすぎると人体に悪さをするんですね。

 

疲れすぎてたり寝不足だったりストレスフルだったりして

免疫が下がってると、この常在菌に本人がやられてしまう。

 

こう考えると、人体って絶妙なバランスの上に成り立ってるんですよね。

不摂生することはカンタン。でもそのツケはこういうカタチで

自分に跳ね返ってくる。

 

 

ただ日本の夏はいきなり5月から高湿度になり、

その変化についていけない病弱な私のようなのもいます。

 

せめて自分で気を付けられるところは気を付けて、

夏場の微熱が早く引くように努力するのみ^^

 

周囲に、夏場よく熱を出す人がいたら

こういう可能性も否定できないと教えてあげるのもいいですね。

 

もちろん、お部屋のカビに過剰反応する人もいるでしょうから、

やっぱりお掃除は必須♪お掃除して悪いことは何もありません。

お風呂のカビ取りなんかもコマメにすることで、

蒸し暑い不快な夏を少しでもマシに過ごせたらいいな。

 

あ、そういえば今鼻炎も絶不調で、後鼻漏もそれに伴って

けっこうキツイですよ。皆さんもお気をつけて(*´ω`*)

 

湿気の多い時期のアレルギー反応がツライ・・・!(鼻水&熱)

アレルギー性鼻炎からのツライ後鼻漏!咳で眠れない夜・・・

「秋カビ」って何?なんとカビは梅雨時がピークじゃなかった…!?

雨の日のほうが鼻ムズムズがひどい!⇒もしや花粉ではなく・・・

 



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ