鼻づまりで森高千里ばかりカラオケ選曲する私の姉の悲哀

【森高さんは鼻声ではなく、鼻にかかった素敵ボイス】

姉がカラオケで、森高千里を連続で予約します。

”森高ソングが好き”ということもありますが、

あの鼻にかかった声を地でマネられる、というところがイイそうです。

カラオケの際、姉は何度も鼻をかみます。そうしないと、鼻にかかりすぎて

声が潰れてしまうからなんですね・・・切ない。

私も、カラオケの際は点鼻薬をしないと、まともに歌うことができません。

「さあ歌うぞ」という段になって、点鼻薬を切らしたりしてると、もう歌うことができない。

(なんで楽しいカラオケと点鼻薬がセットなのか)と悲しい。鼻づまりの宿命ですね。

カラオケは2人とも大好きなんですが、やたらドリンクを注文するのは

口呼吸で喉が渇くせいだと思われます。

また、鼻呼吸ができていたらもっとまっすぐに声を飛ばせるのに、

私も姉も口先だけでさえずる感じなので歌ってる感じがしません。

そして、喉だけで歌ってることで、喉が痛くなる。

これって発声がダメな証拠なんでしょうけど、鼻が詰まってるとカラオケはほんと詰みます。

姉は点鼻薬が怖くて打てないので、鼻づまりのままカラオケに挑んでいる。

だから、選曲も森高さんへ偏る、というワケです。

好きな曲が歌えないとか、地味にストレスですね。

⇒関連記事:【鼻づまり一家の憂鬱】鼻トラブルの見本市状態な我が家の構成

【鼻づまりだと、かっこいい曲が歌えない!】

姉が宇多田ヒカルにチャレンジしようとしましたが、

サイバーな宇多田さんの声にかすりもせず、あえなく撃沈していました。

似ていなくても歌えるのは歌えるんですが、ブレスのないところだと

鼻呼吸もままならず、息が続かなくなるんですね。

また後鼻漏の気もあるので、途中で咳込んだりして、集中して歌いきることができない。

なんかね・・・もう鼻によって、楽しむことすら邪魔されてる感じです。

とくに姉は花粉シーズンだと、喋るコトすら億劫らしく、

食事は味がしない(料理の味見も下手になる)、薬のせいでボンヤリしている、

しょっちゅう寝ている、無気力、咳や息苦しさで眠れないなどなど、

カラオケだけでなく日常生活にも支障が出まくりなのです。

姉もいろいろな鼻トラブルの改善策を試みてはいますが、

一進一退という感じ。鼻トラブル解決への道は険しく長い・・・!

⇒カラオケ前に必須!私の鼻づまり対策は点鼻薬です(市販薬よりアラミスト派)



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ