【ホットシャワー5に感謝】後鼻漏のツラさが緩和される・・・

 

後鼻漏+蓄膿+滝鼻水。

こんにちは、三重苦にあえぐ鼻子です。

 

鼻子一家は全員、咳&鼻水&鼻づまりで薬飲みまくりな日々です。

今年2018年、なんか秋花粉ひどくないですか?

 

 

夏が暑すぎたせいか、「来年こそは!」と意気込んだ植物たちが

多くの花実をつけるべく、いつも以上に花粉を飛ばしてる気がします(気のせい?)。

 

 

鼻づまりの姉と電話で会話してると、

洗濯ばさみで鼻つまんでるのかと思うほどの鼻声(私もね)。

ダミ声でクシャミ連発しながら会話する姉妹・・・なんだかイヤです(笑)

 

 

スポンサードサーチ

ゴミ箱がティッシュで埋め尽くされる

 

ゴミ箱を覆うのはつねに白色。ひっきりなしに鼻をかむので、

ゴミ箱にはティッシュしか見当たらないという惨事。

 

鼻から出る鼻水を「前鼻漏(ぜんびろう)」といい、

鼻から喉に流れる鼻水を「後鼻漏(こうびろう)」といいます。

 

健康な鼻の方でも、前鼻漏&後鼻漏はふつうに起こります。

鼻水サラサラ&少量の場合、後鼻漏になっても胃に流れていくので

何も問題はありません(というかそれで正常)。

 

問題は、鼻水が粘りをおびた時。

風邪、鼻炎、花粉症、アレルギーなどが続き、

喉に鼻水がとどまり絡まってしまうと大変です。

 

鼻水にはたくさんの水気がないとダメなんです。

喉元で水分を失った鼻水のカタマリは、

自分でうまく吐き出すか飲み下すかしないと

不快症状が何か月も続いたりします。

 

 

喉に異物感があり、呼吸がなんとなく阻害されている状態だとマズイ。

ものすごく不快で、夜も寝付けないほどにツライです。

 

知恵袋とかだと「〇にたいです」みたいな人もみえます。

このお悩みは切実。意識を鼻水に常時、とらわれ続けるワケですから。

それほどに生活を脅かす存在なんですよ、後鼻漏ってヤツは・・・!

 

 

喉をも荒らす憎き後鼻漏。ホットシャワー5で緩和

 

 

「薄めた酢でうがいすると後鼻漏がマシになる」という口コミも

ネットで見かけますが、酢でなんてとてもとても・・・。

 

 

酢がニガテな私としては地獄の荒行以外の何物でもない。

 

 

しかし喉にへばりつき、水分を失ったドロドロの後鼻漏鼻水は

そう簡単には吐き出すことができません。

鼻をかんでも、うがいをしても出てこない。声もダミ声に・・・。

 

 

咳を続けていると、喉粘膜も荒れて腫れてきます。

微熱が出て、風邪に似た症状が出ます。こうなると、もはや

風邪なのか蓄膿なのかアレルギーなのか、ワケわかんなくなります。

 

 

そして、使った鼻紙が時間とともに腐臭を放つように、

喉の奥で腐敗していく鼻水は口臭やノド臭になっていき、

対人関係にも影響を及ぼします。

 

 

「ワタシ、蓄膿でクサイんじゃなかろうか」

と一度思ってしまったが最後、至近距離で会話するのが怖くなり、

そのストレスで自律神経が阻まれて、さらに体を蝕んでいく・・・。

 

 

すべてが悪循環となり、負のループを繰り返すハメに・・・地獄。

 

 

 

そこで、ホットシャワー5!(某通販のような流れで)

 

鼻&喉のあいだには、ティッシュをツッコむことはできません。

しかし、蒸気ならどうでしょうか。スチーム状の水分なら

上昇する性質を利用して、鼻の奥のほうまで水気を届けることが可能。

 

 

「鼻うがいだと耳に水が入っちゃうかも・・・」みたいな心配も

このホットシャワー5なら無用のもの。

 

(ただし寝る前にホットシャワーしたときは耳がちょっと変になった)

 

 

ホットシャワーで後鼻漏が治るとはいいません。

ですが、急場しのぎ的には効果を感じます。(あくまでも個人的意見ですけどね)

 

 

後鼻漏を治すには、まずは大元の蛇口を止める。

つまり、上から際限なく降ってくる鼻水をSTOPし、

後鼻漏が喉鼻粘膜から再吸収されるのを待つか、

もしくはうまく吐き出す(または鼻をかんで出す)か、ですね。

 

 

セルフ治療には限界があるので、あとはお医者さん治療または

痛い手術頼みに・・・イヤですね。この時期、耳鼻科は激混みなので。

 

 

慢性化した後鼻漏治療にかかりっきりにはなれないので、

せめて自宅でツラさを緩和したい。ホットシャワーはそのミカタです。

 

パナソニック喉鼻スチームとA&Dホットシャワー5の違いは?

ひさびさに重度の後鼻漏を患い中(ホットシャワー5サボったツケ)

ホットシャワー5で鼻水を止めることはできるのか?(実験)

偏頭痛さえも改善できる!ホットシャワー5の副産物的な威力

 



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ