声がきれいな人は鼻が通っている?⇒私の姉も昔は美声だったらしい

スポンサードサーチ

突然の母の告白。「お姉ちゃんは昔、美声だった」

私の姉はひどい鼻づまりで、万年鼻声&ダミ声です。

ですが、こないだたまたま母からこんな話が聞けました。

「お姉ちゃんは、昔はあんな声じゃなかった。

小学生のころは、澄んだキレイな声でねえ。今はなんであんな声に・・・」と。

(※そう話す母の声も、姉に劣らず鼻づまりのダミ声なのですが)

姉も、鼻が詰まる前までは美声だったのです。クリアで聞き取りやすく、まっすぐな声。

つまり、声が美しい人は、きっと鼻の奥まで美しい。

酷ですが、これが答えでしょう。

もちろん、これを書いている私自身も、何かが喉に詰まったような声質です。

あまり発声がよくない。声が細く、大きな声を出すことができません。

呼吸もいつもスッキリしない感じで、地味に悩んできました。

そして、我が家は全員、よく咳込みます。これもきっと後鼻漏のなせる業・・・。

原因不明の咳込が、年齢とともに増えていく。これをわれわれ姉妹は、

「年齢による誤嚥(ごえん:誤って気管支に食べ物などが入る)」と思っていましたが、

考えたら、単に後鼻漏が酷いだけでしたね。

喉に痰が絡むから、自然に咳が出る。

謎の不快症状について、人間はけっこう誤った思い込みをしているものです。

慢性化した何らかの不快症状について、「〇〇だから仕方ない」と勝手に理由付けして

まるで”おしん”のごとく耐えている。ですが、じつは症状に対する知識が乏しいだけで、

じつは要因はぜんぜん別のところにあった、というケースも珍しくありません。

関連記事⇒私の姉の鼻声&ダミ声、こんなにツラい・・・!

骨の成長とともに鼻トラブルが増える?

思い起こせば、姉がよく鼻をかむようになったのは、

小学校を上がって以降だと記憶しています。

それまでは、鼻すすりとか咳込み、エヘン虫なとど無縁だったはずが、

成長過程でいきなりひどい鼻炎を発症し、呑気症になったというわけです。

姉は、「もし子供の頃、異常に気付いて鼻トラブルを処置してたら、

今頃快適な暮らしだったのかな?」と言うんですが、

子供の頃は正常だった鼻のカタチが、成長とともに遺伝要素を色濃く見せ始め、

両親と同じように後鼻漏の起きやすい骨格になったとしたら、

子供時代にいくら処置しても結果は同じだったような気がします。

さらにさいきん判明したことですが、なんと両親だけでなく、

祖父母まで後鼻漏だったらしいのです(!)。

3世代にわたる遺伝・・・!もうどうにも抗いようがありません(笑)

「もしかしたら、代々祖先まで後鼻漏家系だったんじゃなかろうか」

あらぬ想像まで行きつく始末。

なぜか悪い器質ほど、優性遺伝になる運命ですからね・・・。

どっちにしても、私たち姉妹は鼻トラブルから逃れられない。

鼻なんて、ただ息を吸って吐く器官だと軽く見てましたが、

人生が変わるくらいに大事な器官なんだって、やっと分かりました。

関連記事⇒後鼻漏になりやすい人は、頸椎の異常がみられる?

関連記事⇒後鼻漏は遺伝する?我が家の鼻トラブルの宿命!



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ