風邪についてのマメ知識~「風邪が何度もぶり返すのはナゼ?」

秋です。気温が一気に下がる夜は底冷えすら感じますね。

こんな夜に「ホットシャワー5」で喉&鼻スチームしていると、

いかに鼻先&頬&唇が冷えているかがよく分かります。

夏のあいだは、スチームが顔に当たってても何も感じなかった。ということは、

顔の血管も寒さで縮こまってる、ということ。

顔の血管が収縮して血行が悪くなると、ノドや鼻の粘膜の血行も

同時に悪くなっており、働きが落ちてしまいます。つまり風邪をひきやすい。

粘膜は免疫力が命です。正常な働きを保ってやるためにも、

保温&保湿は絶対に欠かせないモノ。人体は、熱が原動力です。

そこここが冷えていると、各器官は機能を果たしてくれないんですね。

スポンサードサーチ

今日の鼻子の鼻スチーム日記~風邪後期~

「夏風邪がしつこい」というのはお決まりですが、

今回のはとくにしつこかった・・・!まるで懲りないストーカーのように、

鼻子のノドをヘビーに、繰り返し傷めつけてきました。腹だたしいことです。

さて、「夏風邪は抗生物質などが効きにくい種類の風邪だから、長引きやすい」

「夏バテで治りにくい」というのは以前の記事で触れましたが、

じつはまだほかに、夏風邪が長引きやすい原因がありました。それは、

「風邪の引き終わりは、風邪との格闘で体力を消耗しており、

別の種類の風邪をもらいやすい」というもの(!)。

そっか・・・”なかなか治らない”のではなく、別に新たな風邪にかかる。

「そういうこともあるのか・・・!」と目からウロコ状態の私・鼻子。

じゃあ、今回私、1ヶ月以上1種類の風邪にかかってたのではなく、

数種類の風邪に順番にかかっていただけなのかも・・・?

症状が似た風邪なら、「ただ長引いてるだけ」としか思えませんもんね^^

でも、なんにしても体の抵抗力が落ちているのは確かなこと。

風邪のとき、お風呂に入るのはNG?

免疫を高めるには、体を温めるのが一番。ですが、

お風呂には浸かっていいのか悪いのか、いつも迷ってしまいます。

基本的には、高熱・悪寒・メマイ・頭痛・吐き気がなければ、

サッとシャワーを浴びたりお湯に浸かったりするのはアリだそうです。

そのあたりの判断がすごく難しいけど、寝汗が冷えてぶり返すくらいなら、

サッとお湯をかけ流すだけでも気分が違いますよね。

私もちょっとの熱なら、ふつうにお風呂に入ってしまいます。

悪寒のときは、ドライヤー熱で背中(首の下あたり)を温めると

少し和らぐのだとか。ゾクゾクするときには是非お試しを^^

また、程よい温度(38℃前後)のお湯だと、体が消耗しすぎず、

よく眠れて風邪の治りも早くなるそうです。湯気は喉と鼻にもいいですしね。



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ