加湿器を自作してみた!でも気になるのはカビ…期間限定で使うべし

 

「いつか可愛い加湿器を買おう!」と心に決めていたのに

はや数年経ってしまいました・・・☆だって目移りするんですもん。

 

 

電器屋さんや雑貨屋さん、通販サイトで「これ欲しい!」と思いつつ

アロマ付き、ライト付き、空気清浄機付き・・・

機能やメーカーをアレコレ検討してたら、いつまでたっても決まらない。

 

 

それに、家のコンセントは若干タコ足配線気味。

「電池式にしようか、それとも・・・」とココでも迷いまくりです。

 

 

暖房器具で喉も鼻もお肌も髪も乾燥しがちなので、

いずれは買いますが、それまで間を持たせるため・・・

 

 

 

スポンサードサーチ

加湿器を自作することに

 

 

加湿器の自作って、一度は誰もがやったことがある筈(笑)。

洗面器&タオルとか、コップの水を置くだけとか、濡れた洗濯物を吊るとか。

美顔器のスチームでデスク周りを加湿する女性もいます。

 

 

私は家にあるもので、即席の加湿器が作れないものかと画策中。

コーヒーフィルターや新聞紙、キッチンペーパーなど

水を吸湿&放散しやすい素材で、お部屋に水の粒子を拡散させる

もっともシンプルな方法です。

 

 

100円ショップにも加湿器はありますが、

風邪で買いに行くのが面倒なので、手元にあるものでDIY。

 

 

以前ダイソーさんで買い置きしていた黒い英字のペーパーナプキンで・・・

 

 

 

 

小学校でよく作ったお花紙(フラワーペーパー)を作成。

ジャバラ折にしたら、中央を輪ゴムやホッチキスなどで留め、

紙の束の両端を飾り切りします。(私はナナメに切り落としただけ)

 

丸くカットするとふんわりと可愛いフラワーが作れます。

 

 

 

 

蝶のように放射状に広げて・・・

 

 

 

1枚1枚をはがして起こし、バラのようにカタチを整えます。

黒なので生活感が減っていい感じ♪

 

 

 

大きなポンポンフラワーが完成。

このまま置いておいても可愛いなぁ♡

 

 

 

ガラスの器にお水を注ぎます

 

 

ポットで沸かしたぬるま湯を、ガラスの器に注ぎます。

ぬるま湯なので、蒸散効果が高そう(と期待)。

 

 

 

・・・ちょっと器サイズが大きすぎたかも☆

お花がすっぽり収まりすぎて、小さくまとまってしまいました><

(お花の外側のへの広がりがなくなってしまった・・・)

 

 

 

うーん、しかもペーパーが柔らかすぎて、

吸った水の重みに耐えきれなくなっています(笑)

 

(ペーパーの薄紙をはがさずにおけばよかった)

 

 

 

ちょっとしんなりしてしまったフラワーですが、

いちおう顔を近づけると、ほんのりと温かい蒸気を感じます。

 

はたして水を吸っているのかどうか・・・( ´艸`)

 

 

 

試しにコーヒーフィルターを挿してみると、

やっぱりぐんぐん吸水しますね。

素材としてはやっぱりコッチのほうが適してるかも。

 

 

 

まあいちおう完成ってことで( ´艸`)

 

 

 

余ってた白い英字のペーパーナプキンを葉っぱ代わりに挿してみました。

加湿効果のほどはナゾですが、なんとなく見た目にはかわいいかも?

 

 

そのあと、好きな香水をペーパーにひと噴き。

あたりにいい香りが漂って、風邪のユウウツも少し吹き飛びます。

 

”病は気から”、体調不良のときには

少しでもいい気分になって、NK細胞を活性化させて

ウイルスや病原菌を撃退したいもの。

 

風邪で活動低下中のときこそ、

おとなしくおうちで加湿器づくりにいそしむのもまた一興です♪

 

 

 

スポンサードサーチ

気になるのは、水分によるカビ!

 

 

即席のペーパー加湿器ってお手軽でいいんですが、

長く使っていると、先端のほうにカビが出てくるんですよね。

 

これはお掃除できてない電気加湿器でもおなじことですが

やっぱり温かい部屋に水分があると

どうしてもカビを呼び寄せてしまうんですよね・・・><

 

 

お水って流動的だとカビを寄せ付けないんだけど

とどまって動かない場所だと、すぐカビが繁殖してしまう・・・

これが紙の加湿器の悲しいところです。

 

なので、数か月に1回は紙の加湿器を作り直して

キレイな水分を放散させなきゃいけませんね。

カビのついたお水が拡散したら、余計にアレルギー起こしそうです☆

 

 

加湿器の代わりになるものって身近で何かある?

乾燥で朝鼻血が出たときにも♪ホットシャワーで鼻腔を加湿

人間はやっぱり潤い!体の大半が水分だから鼻粘膜にも潤いが必要

風邪っぴきの喉に!ホットシャワー5によるスチーム加湿&温熱療法

 



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ