じんましんと湿疹の違いは何?原因不明のじんましんに苦しむ日々

イラクサ。トゲトゲした葉っぱで、見るからにかゆそう。

イラクサは「蕁麻(じんま)」とも呼び、じんましんの語源でもある植物。

 

この葉に触れるとミミズ腫れのようになりカユミが出ることから、

「じんましん」の名がついたそうです。

 

ああ、写真眺めてるだけでもカユイ。シソっぽいギザギザ感とか

葉の表面のトゲトゲとか、

”絶対かゆくなるに決まってる”要素満載です。

 

 

 

スポンサードサーチ

じんましんは突然に

 

ある日朝起きてみると、色のないじんましんができていました。

いかにも見た目カユそうで、実際に猛烈にかゆい。

原因をアレコレ考えてみるけど、よく分からない・・・。

 

そう、実際にじんましんの原因って、70%くらいが”不明”なんだそう。

 

ダニなのか花粉なのかハウスダストなのか、食品なのか。

慢性化しちゃってるので、一過性の気のせいとかじゃないなぁ。。

 

この肌見てるとそれだけでゾワゾワしてくる。落ち着きません><

 

対処法は「冷やす」くらいしか思いつかない。

このストレスの持って行き所、どうしよう。。。★

 

 

 

じんましんの原因は何なのか

 

いきなりできて消えるのがじんましん。

なんかカユイと思ってその場所を見たらできていて、

掻いたら痕が残り、掻かなければ数時間~24時間で消失するモノ。

 

 

(※湿疹とじんましんは似て非なるもので、

数日以上同じ症状が続くようなら湿疹、

膨疹(ぼうしん:プックリしている)が消えたり出たりして、

それが短期間内だとじんましんです。

 

じんましんの膨らみは、時間とともにカタチを変えることも特徴で

掻くと地図状に連なったりしますね。)

 

 

じんましんの主な原因はアレルギーやなんらかの外的刺激、

または内的要因(ストレスや疲労など)だといわれますが

健康な人でもじんましんは一生のうちでよく起こるものであり、

特別珍しいものではない。

 

 

ですが、日常生活に支障をきたすほどのカユミだったり

掻き傷によるひどい見た目だったり、

あまりに重篤だと病院にかかる必要があります。

(アナフィラキシーショックの危険性もあるし)

 

 

で、じんましんが起きるとアチコチがカユくなって

お肌が過敏になり、ちょっとしたことでカユミが起きます。

さらに、咳も出始めるのでかなり厳しいです。呼吸が苦しくなることも・・・。

 

 

 

じんましん⇒後鼻漏へ

 

 

で、そうこうしてるうちに、鼻汁過多になり

後鼻漏がひどくなりました。もうね、最悪です(笑)

笑うしかないレベルで最悪。全身アレルギー状態です。

 

 

何も手につかないし、肌は汚いし、じんましん肌を見ただけで鳥肌。

(あ、じんましんって鳥肌を伴うことが多いそうです。毛穴収縮のためかな?)

喉がイガイガ・ゴロゴロしてるし、寝付けない。

 

 

病院で処方された抗ヒスタミン剤はもう手元になくなったので

市販の抗アレルギー剤や塗り薬(メントール入)などで

しのぐしかないようです。

 

 

皮膚も掻き壊してしまってると肌バリアが低下し、

ちょっとした服の擦れや風が当たるくらいのことでも

カユミが出てしまうので要注意です。(化繊の縫い目とかも要注意!)

 

 

 

熱いお風呂に入るとカユミに心地いいですが

お風呂上りは必ず体温上昇にともなって悪化します。

(寒冷蕁麻疹以外は)

 

 

ここのところ、お風呂が苦痛で仕方ないです・・・泣きそう。

アトピーの重い人は、日々こうしてストレスを抱えながら暮らし

そのストレスで再度かゆみが悪化する・・・みたいな循環に陥ってしまうんでしょうね。

 

 

まずは、カユミを意識の外に追いやらねば・・・!

ナウシカばりに、

「大丈夫・・・かゆくない・・・かゆくない・・・

と呪文のように自分に言い聞かせています。←意外と効果あるよ☆

 

 

乳酸菌はアレルギーを抑制してくれるのか?アトピーにも効く?

手のひら&手指に水疱!?カユミの連鎖でアレルギー反応

秋花粉の季節がやってきた!目のカユミからアレルギー性鼻炎へ発展中

アレルギー性鼻炎からのツライ後鼻漏!咳で眠れない夜・・・

 



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ