鼻水が止まらないときの対処法は?私はこの方法で鼻を止めます!

 

鼻水が出続けています。ここのところずっと。

こんなに年がら年じゅう、鼻について意識しているのは

鼻子&鼻子一家くらいじゃないかと思ってるのですが、

 

けっこう皆さん、鼻水に悩まされてるんですね~。親近感。

 

 

鼻水が出続けると、後鼻漏に悩まされて不眠になったり、

鼻ススリで耳を悪くしたり、鼻の音で周囲を不快にさせたり、

喉が荒れたり、メイクが取れたり、ティッシュの消費量が増えたり、

鼻がアカムケになったり、マスクがびしょびしょになったり・・・

 

何一つ、いいことなんてないんです。

 

もう鼻水地獄になると、何も手につきません。

「とにかく一刻も早く、鼻水を止めなくちゃ・・・」と焦る気持ち、

とーっても!!よく分かりますよ。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

サラサラの流れ出る鼻水は、どう止める?

 

 

鼻の分泌し始めは、わりとさらっとしていることがあります。

(ひどいウイルス性とかだと、いきなりドロドロ鼻水になることも)

空気に触れて固まると、ドロドロし始めることもあります。

 

基本的にアレルギーやホコリによる鼻水はサラサラなので

どんどん鼻の奥から滝のように流れ出てきます。これ、ホント厄介。

 

 

まぁ、体に毒なものを洗い流してくれる鼻水ですから

ありがたく思わなきゃいけないんですけどね。

日常に支障をきたすレベルだとほんと困りもの。

 

そんなとき、どうしたら鼻水を止められるのかというと・・・?

 

 

 

 

①ツボを押す

 

鼻の付け根、つまり両目の内側に「睛明(せいめい)」というツボがあるほか、

「迎香(げいこう)」という小鼻の左右のふくらみサイドにあるツボがあります。

ここをやさしく押すかさするかすると、鼻水がスッキリ止まるのだとか。

 

東洋医学寄りのツボ押しですが、薬に頼るよりも

まずはこれを試してみたい感じ。私も押してみましたが

なんか・・・効いてるような???(信じる者は救われるかも^^)

 

 

 

②水を口に含む

 

お水をちょっとだけでも口の中に入れておくと

サラサラの鼻水は、鼻の側(=前鼻漏)ではなく

喉の側(=後鼻漏)のほうに流れていくのだそうです。フシギですね。

 

でもこれ、後鼻漏に苦しむ者にとっては諸刃の剣ですけどね(笑)

サラサラ鼻水の場合のみ、この手法でもOK。

少しでもドロドロになると、後鼻漏になりやすいのでおすすめできません><

 

 

 

③寒暖差を鼻に感知させない

 

鼻水の出まくっている鼻は、過敏状態です。

ちょっとした刺激で、すぐに鼻水を増量させ始めます。なので、

鼻水の出ているときは、急に暑い/寒い場所へ移動しないことです。

 

鼻を刺激せず、そっとしておくことが大切なのです。

ムズムズするからといって、鼻を触っているとさらに鼻水を呼びますので。

 

 

 

④首を温める

 

これ、私の持論なんです。

首には太い血管やリンパが流れていますが、

ここが冷えるとどうも鼻水が出やすい傾向なんですよね。

 

ただ寒いから、とかいうのでなく、首そのものが冷えてると

鼻水が止まらなくなる気がするんです。

 

で、首に何か巻くと、自分の場合は鼻水が止まりやすいです。

なので、マフラーやネックウォーマーを巻いて首をHOTにしてあげます。

 

おそらく、首が温まることで鼻の血管などが元気になり

鼻周辺の機能を正常化してくれるからじゃないかな?

勝手に思っています。

 

 

なんでもやるだけのことはやりましょう。

私は鼻水対策を怠ったゆえに、現在後鼻漏の咳で喉を傷め、

風邪みたいな症状に悩まされていますので。

 

 

 

 

おまけ:鼻づまりの解消は?

 

流れる鼻水だけでなく、鼻の詰まりもなかなか苦痛なもの。

 

民間療法でよくいわれるのが、

”詰まっている側の鼻と逆側のわきの下にペットボトルを挟む”

というもの。

 

 

私もこれ、やってみたんです。(ペットボトルなかったので似たサイズのものを代用)

そしたら、完全に鼻閉状態だった片方の鼻が、たしかにスッと通ったんです!

 

「なぜワキの下?」とフシギでしたが、どうも神経やリンパの関係で

逆側のワキ下にツボらしきものがあるのでは?とのウワサ。

 

ものは試し。苦しいときにはトライあるのみ!です♪

 

ホットシャワー5で鼻水を止めることはできるのか?(実験)

寒い時に鼻水が出るのはなぜ?鼻水でむしろ体が冷えそうだけど…

後鼻漏を予防するには⇒鼻水を速攻で止めるしかない・・・!

風邪薬を飲むと副作用でよけいにダルくなる気がする・・・

 



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ