暖房の中にいると風邪をひく!?⇒マスク着用を自らに義務付けました

 

マスクが嫌いです。

呼気で汗ばむ、メイクは取れる、跡がつく、単純にうっとうしい・・・。

でも、着用を己に義務付けることにしました。

 

 

やっぱり、暖房は風邪をひく!

それを激しく実感したためです。

 

 

ここ何年か、”軽い風邪”くらいはしょっちゅうでしたが

どれもすぐ治ったんです。でも、今回は治らない。

「何が違うのか?」考えてみると、暖房の有無でした。

 

 

 

スポンサードサーチ

暖房フル稼働×NOマスク=100%風邪

 

 

今年の冬はなんだか特別寒い気がして、がっつりフルで

暖房をつけています。そのせいか、風邪が治るどころか悪化し長引いている。

 

鼻詰まりの姉に叱られました。

「暖房をかけたなら、絶対に絶対にガンガン加湿すべし」と。

姉は加湿ナシで暖房をつけただけで喉がやられるのだそうです。

 

そうか・・・私の手作り加湿器くらいじゃ追い付かないのか・・・。

 

 

 

 

”空気の乾燥=喉がやられる”説

 

 

お部屋を暖めると、空気中の水分がなくなり、乾いた空気となります。

当然、人体は水分を失います。

とくに、鼻のとおりが悪く口呼吸をする人にとって、

乾燥は喉を真っ先に傷める要因となります。

 

このあたりは体感として誰もが気づくことです。

 

なぜ、暖房で風邪をひくのか。

それは、あなたがすでに体内や体表に風邪ウイルスを持っているためです。

体の水分が抜け、唇や皮膚が渇き、喉が渇き、免疫が落ちると

あなたはウイルスに勝てない体質になってしまっています。

 

健康であればウイルスが身の回りにあろうと、跳ね返すことができますが

喉の傷みなどで人体が弱ると、

ウイルスに攻撃されて簡単に風邪をひいてしまうんです。

 

さらに、締め切ったお部屋ではウイルスは外部への逃げ道を失うため

部屋にとどまり続け、室内の人へのウイルス接触の機会が増えて

風邪を発症しやすくなります。

 

 

つまり「暖房で風邪をひく」のではなく、

「暖房により風邪をひきやすい体になる」

というのが正解かもしれませんね。

 

 

 

あまりお部屋を暖めすぎない

 

 

今夜の外気温は9℃。室内は12℃になっていました。

ガンガン暖房を効かせるとポカポカで動きやすくなりますが

電気代もかさむ上、風邪をひきやすい体になってしまいます。

 

また、室内外で温度差が開きすぎるため

高齢者や体の弱っている人には毒になることも(心臓や血圧に負担)。

 

さらには、お肌の乾燥でチリメンジワが増えたり髪がパサついたりと

女性の美容にもいいことナシ。

 

ということで、

「ちょっと寒いかな?」というくらいの気温設定と

防寒着による自家発電(?)を組み合わせて暖を取ること、

そして水分をしっかり摂り、マスクや加湿器で喉を守ること。

このあたりを徹底すれば、風邪にかかりにくくなるようです。

 

まあ、すでに風邪をひいている私に説得力はないんですけどね^^

今からでも対策して、早めにつらい風邪(&後鼻漏)を

改善するようにします。

 

あ、今日は「ホットシャワー5」で喉鼻スチームを

念入りに行いました。塩入りで。

やっぱりスッキリしますね、鼻も頭も♪

 

パイロンPL顆粒風邪薬(シオノギ)を初お試し!さてその効果は?

加湿器を自作してみた!でも気になるのはカビ…期間限定で使うべし

後鼻漏のもとになる風邪をいち早く治すには?⇒ヒントは「首」

N95マスクを買って着ける前に喉風邪・・・間に合わなかった★



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ