花粉撃退ッ!頼みの綱「アレグラFX」に望みをかける…!

 

2019春。

過酷な季節がやってまいりました・・・!

(文字どおり涙目)

 

 

どうも、鼻トラブルの総合デパートの鼻子です。

現在、非常に非常に苦しんでおります。

もうホントやめて・・・スギヒノキの子孫繁栄させすぎだから!

 

2019年は花粉が例年の3倍とか5倍とか言われていますが

もう倍数とかどうでもいい。

そんなの無関係にツラいです。泣きそうです。

 

 

今、私は会話ができません。

なぜなら喋ると鼻水があふれてくるから。

鼻水の海に溺れそうになるから。

 

 

花粉キャパを相当オーバーしていることが体感で分かるんです。

後鼻漏の量もハンパではありません。

ずっと咳き込んでいます。

どこからわいてくるの?この鼻水。

(嗚呼・・・イライライラ∞)

 

 

 

スポンサードサーチ

鼻をかめばかむだけ分泌される・・・?

 

 

ちょっと思ったんですが、

「鼻水ってかめばかむほど分泌されるんじゃないか」

って気づいたんです。どうでしょうか。

 

 

 

とにかく鼻腔にスキマがあれば、

鼻水どもは「まだスキマがあるぞ!埋めてやれ!」といわんばかりに

洪水級に攻めてくる気がするんです。

 

 

かといって鼻栓をしてもいけないらしいんです。

なんでも鼻で押しとどめた鼻水が

中耳のほうへ流れ込んでしまい、耳を傷めるのだとか・・・。

 

 

たしかにこれだけの鼻水分泌が起これば

喉のほうへ流れるだけでは済まない気も・・・。

そして行き場を失くした鼻水は耳の側へ押し寄せるのです。

 

 

・・・もうどうすればいいのー!

 

 

というわけでついにあの商品へ手を伸ばす私。

(※ストレスのあまり発狂しております)

 

 

 

 

ついに「アレグラFX」のお世話になる

 

 

口コミで評判のいい「アレグラFX」。

これは最後の砦にしようと思っていました。

だって、CMでは大野智くんがあんなに頑張っている商品だし。

 

紫の髪で近未来っぽいテイストで

いまのところまだ嵐としての大野君

いい味出してくれてるCM。

 

(夏木マリ和尚のツルツル具合も素敵)

 

効き目ありそうな強めのパッケージデザインに期待です。

 

 

 

身内の誰かがすでにトライ済のようです。

価格的にもお財布にやさしくて有難いお薬。

1日2回の服用でOKなとこも高評価。

 

 

「でも12時間も効くってことはすっごく強い薬なんでしょ?」

と思ってしまい敬遠してましたが、

あれ・・・?眠くない!意外に眠くない!!

 

 

それに苦くなくて飲みやすい。

この「フェキソフェナジン塩酸塩」は病院でも処方されますが

市販で手に入るのは嬉しいですね。

 

(市販と病院処方、どっちが安いのかな?保険にもよるのかな?)

 

 

個人差もあるでしょうが、

私の場合はだいたい30分くらいで滝鼻水がイキオイを弱め始め、

1時間後には体がラクに・・・!やっと呼吸できる・・・!

 

鼻水に溺れるようなこともなくなり、快適です♪♪

ちょっぴりコンタクトの目が乾くような気もしますが

昔の鼻炎薬に比べたら天地の差。

 

昔の鼻炎薬というと

運転や勉強に支障が出るレベルで頭がぼんやりし

ひたすら眠り続ける感じだったのに・・・。

 

 

でも今はコレ飲んでもふつうに暮らせます。

多少ニオイとか分からなくなるけど

鼻水地獄に比べたら天国です。

 

 

ただ喉の奥に入り込んだ後鼻漏はなくなってくれません。

気管支の手前にまで落ち込んだ後鼻漏はやはりシツコイ。

喉元に絡みつき、ものすごく不快。

 

でも痰を吐き出せる人にはすごく楽になるアイテムかも。

なぜなら後鼻漏の塊から水分だけが抜けて

吐き出しやすくなるからです。

 

 

まあ・・私は痰を出せない派の者ですが

「今以上に後鼻漏の量が増えない」というだけで御の字。

後鼻漏の咳込みで肋骨にヒビが入りそうになってる今、

とにかくこれ以上悪化させてはいけない・・・!

 

そんな思いでアレグラFXを服用中。

とりあえず1週間くらい飲み続けようと思います。

 

 

そのあいだに花粉飛散のピークが収まり

だましだましでいいから私の鼻水分泌も収まってくれるといいなぁと・・・。

 

いちるの望みをかけてのアレグラFX頼みです。

 

後鼻漏を予防するには⇒鼻水を速攻で止めるしかない・・・!

鼻ティッシュって鼻に悪いの?父のお気に入りの鼻炎対策なんだけど…

花粉症は年齢とともに酷くなる?花粉飛散の前に対策を打とう!

治したい!薩摩なた豆爽風茶は副鼻腔炎・鼻づまりにも効果あり?

 



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ