「秋カビ」って何?なんとカビは梅雨時がピークじゃなかった…!?

カビに敏感な方にとってはちょっとショックな「秋カビ」。

ぜんそくや気管支炎、アレルギー持ちには大敵のカビが、

なんと2017年秋は大発生しているのだとか(!)。

原因は夏の長雨らしいんですが、日本って高温多湿なので

梅雨時期や秋のみといわず、年中こまめなお掃除が必要なんですね(涙)

ズボラな者にとっては切ない現実です・・・★(掃除しようよ)

スポンサードサーチ

姉「それってほんとに風邪?秋カビじゃない?」

私が風邪をいつまでも長引かせてるのを見て、姉が一言。

「それ、風邪じゃなくて今年特有の<秋カビ>じゃない???」と。

衝撃でした。ニューワード・「秋カビ」。初耳すぎて目が点です。

私「そんなの聞いたことないけどな・・・」

姉「TVでやってたよ。今年は雨が長かったから秋カビ注意って。」

私「ええ・・・じゃあこれって風邪じゃないの?(涙)」

続く微熱やのどの痛み、軽い咳・・・。もはや風邪かアレルギーか分からない。

なんにしても、カビの胞子を吸い込むと心臓に良くないというハナシ(怖)。

でも、涼しいはずの秋になぜカビ・・・?

じつは秋になると、梅雨と同じくらいの気温&湿度になる日があるそうで、

そんなときこそカビの増殖のチャンス、というわけなのです。

「秋カビの増殖源=お風呂とクーラー」らしい!

「お風呂にカビはツキモノ」みたいな意識でいるとカビに乗っ取られてしまう。

それがお風呂場です。耳が痛いですね。ピンクカビとか目に見えないカビ胞子は

正直、除去できているかどうか自信がないです。パッと見でキレイかどうか、

判断基準はそれだけなもので・・・。

とくに、シャンプーボトル裏のヌメリなんて、見て見ぬフリしちゃうことが多い。

お掃除をサボると、自分にハネ返ってくることがよく分かったので、

明日からお掃除、さっそく頑張ろうと思います(笑)

カビの胞子はたくさん種類があり、ピカピカに見えるお風呂場にも

何十という種類が存在するそうです(想像したくない・・・!)。

カビは胞子のうちが勝負だそうで、菌糸を伸ばしたあとは完全除去が難しいらしいのです。

なので、叩くならピンクカビのうち。

また日ごろから、<水気を残さない&石鹸カスを残さない>のも大事だそうです。

スクイジー買わなきゃ><

いっぽうクーラーはというと、夏の終わりに一度お掃除をしておくのがいいそうです。

なぜなら、冷房をかけた後はエアコン内にカビがはびこりやすいらしく、

その次使う時まで汚れを持ち越すと、吹き出し口からカビが出てきてしまうのだとか。

秋に入って、クーラー要らずを楽しむ前に、一度大掃除・・・うーむ、大変そう。

また、クローゼット内の服のカビも、秋カビの一つ。

着た服をそのままクローゼットにしまうときには、

カビの栄養になる皮脂汚れや食べこぼしはしっかり除去してから、が鉄則だそう。

これ、やってますね・・・「汗をかいてないから」「短時間着ただけだし」

そのままハンガーに戻すことってありませんか?私はありまくりです。

これからは「一度着たらどこか汚れている」という意識が必須かも?

うーん、いろいろと秋カビの原因があるんですね・・・しかも自分が

おそろかにしているポイントばかり突かれている感じ(笑)。

目に見えない敵をやっつけるのって、細やかなお掃除力が必要。

秋の治らない風邪、もしかしたら秋カビによるものかも???



スポンサードリンク




このページのトップへ

【後鼻漏の原因と治療】トップへ